国際線到着の手続き

国際線到着のステップ

海外からお越しのお客さまの入国、出国にかかる官庁手続きは 日本政府観光局別ウィンドウが開きます

1.検疫

検疫

海外で体調を崩された方は検疫手続きを行ってください。機内で健康に関する質問表が配布された場合、必要事項を記入し、検疫カウンターへ提出します。

2.入国審査

入国審査

パスポートをご用意の上、案内誘導に従って日本人・再入国・外国人それぞれの入(帰)国手続を行ってください。日本人の方は、顔認証ゲートのご利用をおすすめします。帰国証印は押印されませんので、必要な方はゲート通過後に係員にお申し出ください。外国人の方については、入国カードも必要となります。(パスポートのカバーは外してご提示ください。)

3.手荷物受け取り

手荷物受取り

手荷物受取場(バゲージクレームエリア)にて受託手荷物をお受け取りください。
手荷物が搬出されるベルト番号は、お近くの表示盤にて航空会社、便名をご確認ください。ご自分の手荷物が搬出されないとき、手荷物が破損しているときは、お手元の手荷物タグを航空会社スタッフにお示しの上、ご相談ください。

4.動物検疫・植物検疫

動物検疫・植物検疫

出発国や地域によって、肉類、果物、動物、植物等を日本国内に持ち込まれる場合は、手荷物受け取り後に輸入検査が必要です。

5.税関検査

税関検査

手荷物を持ったまま税関検査に進み、携帯品申告書を提出して検査をお受けください。

6.到着ロビー

到着ロビー

お近くの案内表示をもとに、ご希望の交通機関をご利用ください。
国内線乗継のお客さまはこちらをご覧ください。

2階到着ロビーから各交通機関へのルートを動画でご案内します。
下の画像をクリックすると、別ウィンドウで動画のページ(youtube)が開きます。

各交通機関ルート案内動画(別ウィンドウが開きます)

PAGE TOP