予約管理規程

介助サービス予約管理規程


第1章 総則

      (目的及び定義)

第1条 介助サービス予約管理規程(以下「本規程」という。)は介助サービス予約を利用する者(以下「利用者」という。)が、東京国際空港ターミナル株式会社(以下「管理者」という。)またはその委託を受けた第三者が行う介助サービスを利用するにあたり、必要な事項を定めることを目的とする。

2.介助サービスとは、お身体の不自由なお客様や高齢のお客様を対象に、東京国際空港国際線ターミナル(以下、「ターミナル」という。)および東京国際空港国際線駐車場ならびにそれらの施設付近において、ターミナルを利用するにあたってのお手伝い(案内・誘導)を行うサービスをいう。

3.介助サービス予約とは、管理者が管理する東京国際空港ターミナル内で実施する介助サービスを、インターネットを通じて事前に予約するサービスをいう。

4.会員とは、介助サービスを利用するため、本規程に基づいて会員登録を行った利用者をいう。


      (規程の承認)

第2条 利用者は、本規程を承認の上介助サービス予約を利用するものとする。

2.介助サービス予約の利用に際しては、本規程を承諾し、会員登録手続をしなければならない。


      (規程の改定)

第3条 管理者は会員に事前に通知することなしに、本規程を改定できるものとする。 本規程の改定は、改定後の本規程をウェブサイト上の「東京国際空港ターミナル介助サービス予約」に掲示したときにその効力を生じるものとする。



第2章 介助サービス予約の利用


      (会員登録)

第4条 利用者は会員登録手続を行うことによって、介助サービス予約の利用資格を得るものとする。


      (会員ID・パスワードの管理)

第5条 会員は、登録した会員ID・パスワードの管理責任を負うものとする。

2.会員は、登録した会員ID・パスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買等をしてはならない。

3.会員は、パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による一切の損害を負担するものとし、管理者は一切責任を負わないものとする。

4.会員は、パスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合、直ちに管理者にその旨を連絡するとともに、管理者からの指示がある場合はこれに従うものとする。


      (会員退会)

第6条 退会を希望する場合は、会員自らの登録解除手続きによって退会することができる。


      (介助サービス予約)

第7条 会員は介助サービスの利用が確実な場合のみ、介助サービス予約を行うものとする。

2.予約受付対象日は、予約を行う日の翌日から30日以内とする。

3.会員が予約できる件数は3件までとする。 

4.介助サービス予約は利用日時の24時間前までに行うこととする。

5.利用者が出発又は到着する他の空港との間における介助サービス予約は、利用日時の2日前までに行うこととする。

6.予約内容に変更、キャンセルの必要が生じた場合は、会員自らが利用日時の24時間前までに変更、キャンセル処理を行うこととする。また、利用日時の24時間前以降に予約内容に変更、キャンセルの必要が生じた場合は、会員はすみやかに管理者に電話で通知することとする。

7.管理者は、予約完了後、会員に対し電子メールにて予約完了の通知を行う。


      (会員情報の変更)

第8条 会員は、会員登録において申請した内容に変更があった場合には、自らが会員登録内容を変更するものとする。変更を怠ったことにより、会員または他者に生じた損害について、管理者は一切の責任を負わない。



第3章 介助サービスの内容

      (介助サービスの内容)

第9条 管理者は、介助サービスとして、ターミナル内における車いすでの移動の補助、目の不自由なお客様のターミナル内の案内・誘導等、ターミナルの利用に支障のあるお客様がターミナルを支障なくご利用いただくための補助的なサービスを行う。

2.介助サービスには以下の内容は含まれないものとする。
         ① トイレでの移乗介助
         ② 排せつ介助
         ③ 着替えの介助
         ④ 食事介助
         ⑤ 合理的範囲を超える長時間の対応

3.管理者は、ターミナルおよび東京国際空港国際線駐車場ならびにそれらの施設付近以外では、いかなる介助サービスも行わない。

4.管理者は、利用者の要請に応じたサービスを提供することができなかった場合でも、損失、費用、契約違反その他の一切の損害に対して、いかなる責任も負わないものとする。


      (料金)

第10条 介助サービスの料金は無料とする。



第4章 利用停止及び提供停止

      (会員への介助サービス利用停止)

第11条 管理者は、会員について次に掲げるいずれかの事由がある場合、介助サービスの利用を何ら事前に通知または勧告することなく停止させることができる。
(1)会員が、本規程に違反した場合。
(2)会員が、管理者に対し、虚偽の登録情報を登録した場合。
(3)その他管理者が不適当と判断した場合。


      (介助サービス予約提供の一時的な中断)

第12条 管理者は、以下の事項に該当する場合、介助サービス予約の運営を中断できるものとし、その旨を当サイトを通じて会員に通知する。但し、緊急やむを得ない場合は通知を省略することができる。 また、管理者は、会員または第三者が被ったいかなる損害について、理由にかかわらず一切の責任を負わないものとする。
(1)システムの保守、工事を定期的または緊急に行う場合。
(2)システムにやむを得ない障害が発生した場合。
(3)地震、火災、停電、洪水、津波、噴火、暴動、騒乱、戦争、その他の非常事態により介助サービス予約の提供を通常通り行うことができなくなった場合。
(4)その他管理者がやむを得ないものと認めた場合。


      (サービス提供の中止)

第13条 管理者は、業務上の都合により必要があるときは、介助サービス予約の全部または一部を中止する。

2.管理者は、前項により介助サービス予約の提供を中止するときは、その旨を当サイトを通じて通知する。但し、緊急やむを得ない場合は通知を省略することができる。

   

      (個人情報保護)

第14条 管理者は、介助サービス予約の運営において、会員から会員登録及び介助サービス予約登録に際して提供された情報(以下「予約登録情報」という。)に対し、個人情報(個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定めるものをいい、以下「個人情報」という。)を、個人情報の保護に関する法律その他関係法令(以下本条において「関係法令」という。)に則って取扱うものとする。

2.利用者は、管理者が、利用者に介助サービスを提供するために必要な限度で、利用者が利用する予定の航空会社に対し、関係法令に従い、予約登録情報のうち、利用者の氏名、搭乗予定日、搭乗予定便名及び管理者が提供する予定のサービスの内容を提供することに予め同意する。

3.利用者は、管理者が、利用者が出発又は到着する他の空港(但し、管理者が別途指定する空港に限る。)において介助サービスの提供を受けるために必要な限度で、当該空港に対し、関係法令に従い、予約登録情報のうち、利用者の氏名、搭乗予定日、搭乗予定便名及び管理者が提供する予定のサービスの内容を提供することに予め同意する。



第5章 免責

      (免責事項)

第15条 管理者は、第11条ないし第13条の事態もしくは通信の状態により介助サービス予約が利用できなかったことまたは会員が予約したデータが設備の故障等により滅失したことにより会員または他者に生じた損害については、一切の責任を負わない。

2.会員に対する管理者の責任は、会員が支障なく介助サービス予約又は介助サービスを利用できるよう、善良なる管理者の注意をもってサービスを運営することに限られるものとする。管理者は介助サービス予約又は介助サービスの利用により発生した会員の損害(他者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)、および介助サービス予約又は介助サービスの全部または一部を利用できなかったことにより発生した会員または他者の損害に対し、本規程で特に定める場合を除き、いかなる責任も負わないものとする。



第6章 その他

   (著作権)

第16条 管理者の提供する介助サービス予約に関する各情報の著作権、その他知的財産権は管理者に帰属するものとする。


      (管轄裁判所)

第17条 介助サービスまたは介助サービス予約に関連して、会員と管理者との間で問題が生じた場合には、当該当事者がともに誠意をもって協議するものとする。

2.会員と管理者との間における介助サービスまたは介助サービス予約に関する訴訟は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。


      (準拠法)

第18条 本規程、介助サービスまたは介助サービス予約の利用に関しては、日本法が適用されるものとする。


附則

この規程は、平成22年9月21日より施行する。

改正規程は、平成25年5月15日から施行する。

改正規定は、平成28年8月23日より施行する。



以上